あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 旅行業界基礎知識 > ホールセラーとリテーラー

旅行業界基礎知識

ホールセラーとリテーラー



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

ツアーを企画して旅行業者に卸すのがホールセラー、
ホールセラーの卸した旅行商品を販売するのがリテーラーです。

【ホールセラー】
航空座席やホテル、現地での観光などといった旅行素材を仕入れ、
旅行商品として組み立ててリテーラーに卸します。

基本的にホールセラーは直接消費者に販売する機能をもちませんので、
カウンター店舗などの販売機能をもっているリテーラーに卸して、
自社商品を販売してもらいます。
もちろん、リテーラーには販売手数料を10%ぐらい払います。

【リテーラー】
ホールセラーから卸してもらった旅行商品の販売を消費者に対してします。
しかし実際は、ホールセラーが作った旅行商品だけを販売しているわけではありません。
大手旅行会社の多くが当然、自社商品を開発しており、それを消費者に販売しています。

もともとパッケージツアーは航空会社が主導で生まれました。
日本航空の「ジャルパック」(ホールセラー)なんかがそれにあたります。
その後、JTBや日通、東急の3社が共同して「ルック」を販売。
それが旅行会社として初めてパッケージツアーの販売を開始。

その後、グリーニングツアー(阪急交通社)、ホリデイ(近畿日本ツーリスト)、
マッハ(日本旅行)などが続きます。くれぐれもホールセラーの採用面接で、
「カウンターで接客したいです」なんて事を言ってはいけませんよ。
その旅行会社にどのような業務があるのかは、しっかり確認してください。