あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > ツアーコンダクター特集 > ツアーコンダクター(添乗員)になる方法

ツアーコンダクター特集

ツアーコンダクター(添乗員)になる方法



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

旅行業で添乗員として働く方法は2パターンあります。

方法1:
旅行会社の正社員として入社し、アウトドアセールスを担当する。


アウトドアセールスについては旅行会社の仕事内容で詳しく説明していますが、
自分の担当するツアーにのみツアーコンダクター(添乗員)として同行します。

基本は営業ですので、毎日のように添乗するわけではありません。
平均すると月に1回、シーズンであれば2回、3回と行くこともあります。

この仕事に就くには、旅行会社に正社員として就職する必要があります。
派遣やアルバイトなどはありません。


方法2:
添乗専門の派遣会社に登録し、添乗のみを仕事にする。


業界用語で「プロ添」と呼ばれる人達です。
私のように添乗が下手な営業マンにとっては本当に有難い存在です。

パッケージツアーから発生するツアーや、アウトドアセールスが受注してきた
ツアーなどに添乗します。国内専門のツアーコンダクター(添乗員)と海外専門の
ツアーコンダクター(添乗員)の大きく2つにわかれます。

海外ツアーコンダクター(添乗員)には「日常会話」を問題なく話せる
英語力は求められます。国内、海外どちらも添乗する人もいますが、
多くはどちらかに所属します。

基本的には、国内を経験した後のキャリヤアップとして海外ツアーコンダクターになる
パターンが多いです。“ツアーコンダクター(添乗員)とセールスマン”少し複雑ですが、
ツアーコンダクターにも2つの雇用パターンがあります。

あなたは添乗という仕事にどういう関わり方をしたいですか?

旅行会社=ツアーコンダクター(添乗員)というイメージで、
1年のうち200日は添乗に出ていろんなとこに行くぞ!

そう思っている方は、方法2の添乗専門の派遣会社に就職することをオススメします。
特に女性の方に多いのですが、旅行会社の正社員として入って、
セールスに配属になり、こんなハズではなかった・・。

そして早々に退職し、添乗派遣会社に登録してイキイキと添乗している。
このようなケースを何度も見てきました。
自分は添乗がしたいのか、旅行のセールスがしたいのか、
ツアーコンダクター(添乗員)になりたい方は、良く考えてみてください。