あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 私の旅行セールス体験記 > はじめての大型団体〜貸切列車「楽(らく)」で行く旅〜

私の旅行セールス体験記

はじめての大型団体〜貸切列車「楽(らく)」で行く旅〜



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

4月に新入社員として働き始めて、初めて契約できた大型団体。
それがこのツアーです。内容は1泊2日、三重県は鈴鹿温泉に泊まる職場旅行。

鈴鹿サーキットの横に隣接しているホテル、フラワーガーデンホテルが宿泊先です。
旅行参加人数は、約250人。2班に日程をわけてのツアーでした。

このツアーの見積もりを提出すことができるようになったきっかけは、
支店に送られてきた、1枚の見積もり依頼FAXでした。

このような大きな団体が、FAXで見積もり依頼を直接旅行会社に依頼することは
とても珍しいことです。

なぜなら、ほとんどの場合、既に旅行会社の営業マンが出入りしているからです。
しかし、この時はとてもラッキーでした。

この会社は、毎年職場旅行に行くわけではないので、そもそも旅行会社との
お付き合いがなかったのです。

このときは、JTB、近ツー、日本旅行など、4社での競合でした。
最終的には私の提出した近ツーの案を採用して頂きました。

何が一番の決め手になったかを、契約後にお客様から聞くと、
「貸切り列車」が気に入ったとのこと。

提案した三重県の鈴鹿は、近畿日本ツーリストのグループ会社である、
近畿日本鉄道が走っている地域です。近鉄は主に修学旅行に使ってもらうために、
貸切列車を走らせてくれることがあります。

この貸切列車は、お金を支払えば、修学旅行以外でも走ってくれることを
企画段階で知り、それを旅の1つのメンイとして提案したのです。

多くの参加者が集まる大型の団体だからこその提案でした。
添乗員としてツアーに同行した私も、実際に貸切列車に乗りました。

上本町駅の始発のホームで誰も乗らずに待っている貸切列車。
車内アナウンスも自由に使える貸切列車。
なんとも貴重な体験でした。

お客様も修学旅行を思い出したかのように、同僚だけのプライベートな特別な空間を
満喫されていました。新入社員として働き始めて約半年、辛いことや悲しいことが
多かった時期でしたが、この仕事をさせて頂いたことで私の中で大きな気持ちの
変化がありました。

それは、ただのありきたりのツアーを提案するのではなく、
旅行会社ならではの工夫を入れて、ツアーに「夢」を加えていこう。
お客様よりも、まず自分自身が、自分のツアーに「夢」を持とう!
そう思うようになりました。

それまでの私は、値段を安く、ビールをサービスするなどの、
決して心が躍らない交渉をお客様としていました。
そして、そんな旅行のセールスが嫌いになっていました。

しかし、そんな交渉にしかならないような、お客様が何を差別化したらよいのか
わからないような、ありきたりのツアーを提案していのは、自分だったことに
気づきました。

決してお客様が卑しいのではなく、自分自身がツアーに「夢」を持っていなかった
のです。実はこの「貸切列車」という企画提案は、私のアイデアではありません。
私に「夢」「ワクワク」を演出することを教えてくれた、ある上司のアイデアです。

私は新入社員という大切な時期に、良き上司に巡り会い、本当に大切なことを
学ばして頂きました。

感謝、感謝です。