あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 面接対策のコラム(11) > ズバリ、結論を話す!

面接対策のコラム(11)

ズバリ、結論を話す!



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

今回のコラムは、話し方、書き方に関することです。   
前回、話の内容はとにかく具体的にという話をしました。   
その具体的な話に入る前に必ずしておかなければならないこと。

それはズバリ!結論から話す!
  
ということです。     


結論が見えない話ほど、聞いていて、しんどいものはありません。   

面接官:
「あなたの○○は何ですか?」   

あなた:  
「はい、○○です。なぜなら・・・・」   

どんな質問にもまずズバッと結論から答えて下さい。   
それからは、その裏づけである具体的な話をしていきます。   

まず結論を言うこと。  
というのは、あなたも1度は聞いたことがあるかもしれません。   

しかし、面接や上司への報告などの場合、私達はどうしても、
まず結論を言うことを忘れてしまいます。   
それは、その緊張感からか、日本語の文章展開がそれをさすのかは、
わかりませんが、とにかく言い訳がましく、いろいろとまわりくどく話してしまいます。   
そして、「で、結論は?」 と言われて、あわてて「○○です。」と答えるのです。   

結論を最初にもってくる意味は、2つあります。     

1.質問者とのコミュニケーションがその時点で成り立つ。    

質問者にとってみれば、自分の質問にまず答えてもらうことで、すごく安心します。   
そして、その後の話が多少長くても聞く余裕がうまれます。  
ですので、回答者としても相手に伝わりやすくなるのです。   

2.印象に残る。   

これは、想像しやすいですよね。   

「私は、あなたが好きだ!!なぜなら・・・・・」
  
「あなたはやさしくて、綺麗で、あの時あんな事を言ってくれたから、
どうのこうの・・・・だから、あなたが好きだ!!」   

どちらが印象に残り気持ち良いかは、明らかですよね。(笑)   

ちなみにこのコラムも、できるだけ結論をひっぱらずに、  
最初に出して文章を書いています。