あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 面接対策のコラム(11) > 会社説明会で質問する

面接対策のコラム(11)

会社説明会で質問する



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

今回は説明会での質問という場面を、クローズアップして考えていきます。   
説明会は、この時点であなたを評価する場所ではありません。  
(もちろん少人数であったり、目立つ発言であればチェックされる可能性はあります)    
ですので、そこは安心して下さい。

企業側は純粋に学生が考えている事を知りたいのと、説明不足の点があれば、
補足して次回にもつなげたいと思っています。   
では安心して何を質問しても良いかというとそれは違います。   

それは、採用選考のための説明会での質問だということと、  
周りには多くの学生が一緒にいるからです。   

そのような状況の中で、押さえるべきポイントは2つです。   

1.まずは、あなたが本当に聞きたいことを質問する。   
2.そして、それが周りの学生も興味があり、同じように聞きたいだろう質問。  
 

1つ目の「あなたが本当に聞きたいこと」というのは、あたり前のように感じますよね。   
でも、結構多くの方が「本当はどうでもいいこと、聞きたくもないこと」を質問しています。   

難しい事を言って「勉強しているな〜」とアピールしたいからです。   
業界研究していないと、わからないような難しい話題を取り上げて、  
ある意味、自分の知識をみせつけるような質問をする方がいます。  

業界で働いていても分からないような未来の予測をさせるような質問。    
よく業界研究されてて、熱意があるのは良いのですが、  
それって本当にあなたが聞きたいことなの?と人事側は思っています。   

そして質問した当の本人もアピールするための質問なので、  
答えにそれほど興味はないのです。もちろん、業界研究した上で、
あなたがどうしても聞きたい質問であれば、それはすれば良いです。

あなたが本当に聞きたい事を質問しているかどうかは、人事側は見抜いています。   
そして、そういう質問は説明会の時間がもったいないです。 
だって誰も聞きたくないし、企業側も答えたくないからです。  
質問している本人も聞きたくない質問ですからね。   

逆に、あなたが本当に聞きたい質問というのは、
他の学生も聞きたい可能性が高いです。   

説明会の内容に沿った話題の中で、あなたとあなたの周りの学生が聞きたいだろう
質問は何か?を考えるとかなり良い質問になります。   

そしてそんなピカイチな質問をしたあなたは、まわりの学生から、  
「あ〜それ私も聞きたかったんだ〜、あの人いい質問するね」となるわけです。   

あなたの質問が多くの人に有意義な時間を与えるか、  
奪ってしまうのかは大きな違いです。   

あなたが質問する時間は、周りの学生と人事部、すべての人達の時間を
もらっているわけです。
その貴重な時間を大切にする意識を持つことで上手くいくはずです。