あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 面接対策のコラム(11) > 質問するということ

面接対策のコラム(11)

質問するということ



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

「質問する」ということについて考えてみたいと思います。   
就職活動において、あなたが「質問する」場面は2つおとずれます。   
1つは、会社説明会やセミナーである質疑応答。   
もう1つは、面接の場で「最後に何か質問はありますか?」という面接官からの質疑応答。


この「質問する」というのは、就職活動ではかなり大切なテーマです。

面接官にする質問には、
「しょうもないこと聞くな、つまらないな〜」という質問と、
「お〜やるね。なかなか見込みあるな〜」という質問の2つがあります。   

私も働いていて新入社員なども何人か見てきましたが、  
何を聞いてくるか、質問してくるかで、どこまで仕事を理解しているのか、
仕事に対する考え方がわかります。   
もっと言えば、その人がどのくらい将来伸びるかまでわかってしまいます。   

「今頃、こんなこと聞いてくるなんて、今まで仕事で何をしてたんだろう?」とか、   
「お〜、そんな悩みを聞いてくるとは、俺も過去にあった仕事のトラブルを、  
今経験しているんだな〜。なかなか成長が早いな」とか。    
部下がする質問のレベルで、その人の仕事のレベルまでわかってしまいます。   

でも、この質問するというのは、簡単ではありません。   
あなたは質問に対して「答える」という訓練はしてきてます。  
義務教育のほとんどは問題があり、それに回答するというパターンだからです。   

しかし、自らが問いを考える立場に立つことには、慣れていません。   
あなたは今までやったことのない「質問を考える力」を、  
これから身に付けて(就職活動をきっかけに)いかなければいけません。   

就職活動においても、会社で働くということにおいても、  
今までやってきた義務教育では訓練されていないことが大事になります。   

質問力に磨きをかけると、内定を勝ち取ることも可能になります。   
実際に私は面接の場でこの最後の質問で挽回し、  
通過できたと感じた面接が何度かありました。   

そして実際に働きだしてからは、質問力に比例して、  
より魅力的な仕事を惹きつけ、より魅力的な人達と出会えることになります。   
そう考えるとワクワクしてきますね。
    
「良い質問とは、どのような質問なのか?」
を考えるところから始めましょう。