あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 自己分析のコラム(6) > 好きなことを見つける、4つの質問

自己分析のコラム(6)

好きなことを見つける、4つの質問



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

「自分探しの旅に海外旅行へ行くんだ〜!」と言って、世界中を旅する人いますよね。
実はわたしもその1人なのですが・・・。でもインドに修行に行っても、東南アジアを貧乏
旅行したところで、なかなか本当に自分のやりたいことを見つけるのは、難しいですよね。
旅行中はそれなりに楽しいのですが、日本に帰ってきたら、  
「あ〜いろいろあってなかなか楽しかったな〜」で、だいたい終わります。   

それはなぜでしょう?   
それは、自分自身の外側を探しているからです。   

あなたの「やりたい!」という気持ちは、「タージマハル」には落ちてないのです。  
バンコクのカオサン通りの安宿に長期滞在しても見つからないのです。   

あなたの内面、内側を見つめることが大切です。  
あなたがやりたいこと、好きなことは、あなた自身の心が知っています。   
まずは「自分はどのような人間なのか」をじっくり見つめてみましょう。  

そのためには、自己分析のように、あなた自身に適切な質問をすることが1番です。   
あなたが自分の頭に適切な質問をすると、あなたの高性能なコンピューターである
頭脳は必ず答えをはじきだします。   

人間の脳はすごいらしいですよ。  
だってほとんどの人が3%しか使っていないと言われているぐらいですから。   

10%まで使うにはどうすれば良いか?   
それは頭に質問という刺激を与えることだそうです。  

そうすればあなたの脳は「待ってました〜」とばかりに、
高速で答えを探し出すように動くでしょう。
よく言われるように、「答えはあなた自身が既に知っている」ということです。   

では、「あなたが本当にやりたいことを見つける」4つの質問を、  
あなたの世界一優秀なコンピューター(脳)に聞いてみましょう!   


1.子供の頃に夢中になってやってたことは何ですか?       

子供はまさに今を生きています。3歳、4歳ぐらいの子供が「人生って退屈〜」とか、
「趣味がないな〜」なんて言ってるのを聞いたことありますか?絶対ないですよね。(笑)     その頃は何の社会的なしがらみもなく、既成概念もない心で生きています。    

あなたが「本当に楽しくてやりたいこと」しかしていないはずです。    
子供時代を思い出すことで、あなたの「好き」の原点が見つかる可能性は高いです。
    
子供の頃、何をしていましたか?    
両親に聞いてみるのもいいかも知れません。
意外な発見があるかも知れませんよ。         


2.宝くじに当たってお金の心配がなくなったら何をしますか?    

「好きなことを生きる」ことを考えられない最大の理由はお金でしょう。    
好きな事を発見しても「そんなの1円にもならない」と言って、    
制限してしまうのをやめてみましょう。    

時にはお金に縛られずに自由な発想を広げてみてください。     
最低でも10個ぐらいは挙げてみて下さいね。    

「おいしい料理を食べる」「豪邸に住む」「ハワイでのんびり過ごす」・・・・。     
そんなことを全て終わらして、その次にやりたい事はなんでしょう?   


3.興味はあるが、怖いことは何ですか?     

何となく興味があるけど・・・・。でもやってみるのは怖いな・・・・。       
そういう事はあなたの本当にやりたいことに近いかもしれません。     

本心は「やってみたい!」と思うのですが、やった後に失敗するのが怖いと感じたり、    
誰かに批判されて傷つくのが嫌なので、できないことが多いのです。     

好きな人に告白する時、あなたはどのような感情を感じますか?     
ワクワクすると同時にドキドキしますよね。    
付き合えるようになった後を想像する興奮と、断られ拒絶された時の恐れを感じるでしょう。

好きなことはワクワクする感情以外にもドキドキする感情もあるのです。    
ドキドキのなかに「好き」のヒントがあるかもしれません。   


4.以前、誰かから誉められたことは何ですか?    

人は自分のことになると、どうしても客観的に見ることができません。    
でもあなたの両親や友人は、意外と冷静にあなたの本質を見抜いているものです。        

そのため、人からよく誉められることや「もっとやったらいいのに」と言われることは、    
あなたの本質的な才能に近いことが多いです。   

さあ、どうでしょうか?  

4つの質問、1つ1つ答えて言って下さいね。