あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 志望動機のコラム(5) > あなた自身を主語に

志望動機のコラム(5)

あなた自身を主語に



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

自己PRよりもさらに何を書いてよいか難しいのが志望動機ではないでしょうか。
自己PRは過去の自分。志望動機は未来の自分。

自分の全く経験したことのない社会人という未知の世界のことを、
どうやって書いていくのか。

そう考えると書けない。。。。
ってなりませんか?

業界や企業を主語に考えると、どうしても漠然としたものになってしまいます。
自己PRでは自分が主語だったのに、志望動機になった途端、企業が主語になってしまう。

「御社は○○が素晴しく○○だと思います。だから私は入りたい」
自分の知らない世界だけに、相手を主語にもってきて、あとは自分をそこに合わす。
未知の世界への不安からそう考えるのは、ある意味しかたない部分もありますね。

しかし、企業に合わせてしまった瞬間に、あなたらしさは死んでしまいます。
人生も就職活動も、あなたの行動の全てはあなたが主役です。
あなたの行動の全ての主語は「あなた」なのです。

そしてもちろん、将来あなたがやりたいことである志望動機も、
「私は○○です。だから御社に入りたい」と、主語を「私」にしなければなりません。

「御社は・・・」を主語にする時には必要ないのに、
「私は・・・」を主語にする時に、必要になるものがあります。

それは、何でしょうか?

そこにはあなたの企業選択の価値基準を明確にする必要があるのです。
これがないと、「私は・・・」を主語にすることはできないのです。

あなたにとって譲れない企業選びの基準は何ですか?

それを、明確にしてあげることです。
すると、「あっ、この会社は単なる憧れだけだったんだなぁ、、、」
「実はこの会社は私にとっては理想の会社だったんだぁ、、、、」
それを明確にした時点で、今まで見えていなかったことが不思議といろいろ見えてきます。

誰かを主語にして生きてしまうと、どんどん自分らしさから遠ざかってしまいます。

あなたの人生の主役は、いつもあなたです。
誰が何と言っても。

あなたが死ぬ時に「幸せな人生だった」と満足して死ねるかは、
両親、兄弟、親戚、友人、先生でもなく、あなた自身が責任をとるしかないのです。

あたなの人生の主人公は、あなたしかいません。
どんなときも、自分の思いを一番大切にしてください。