あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 自己PRのコラム(6) > アルバイトをアピール

自己PRのコラム(6)

アルバイトをアピール



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

大学時代に部活動、サークルは入っていなくても、アルバイトを全くやったことがない
という人はいないでしょう。アルバイトはまさに働くことでお金をもらう行為なので、
そういう意味では実際に働くことに非常に近いです。

自己PRにアルバイトの話題をどう入れるのか?
それが今回のコラムのテーマです。

当然、アルバイト談も立派な自己PRの要素になりえます。
しかし、ここもやはり何を話すのかが大切で、
ピントのずれた話題を話しては意味がありません。

まず、よくありがちな3つの間違いがあります。

1つ目はアルバイトの内容をアピールする。

アルバイトには多くの種類があります。
その中にはたしかにユニークな仕事もあるとは思います。

ただ、どんなユニークな仕事もそれをやってきたというだけではアピールになりません。
正社員として働きだしたら、そんな仕事はたくさんあるものです。


2つ目はアルバイト経験の数をアピール。

短期バイトも含めて、たくさんのアルバイトを経験してきました。
というアピールは何一つ残りません。ここでもやはり秘訣は、
これだというアルバイトを1つに絞って話をしないといけません。

これは、全てのことに言えますが、よほどの自信がないかぎり、
数の勝負は避けるべきです。数より質が大事です。
数の勝負は、1つでも少ないとそれで負けてしまいます。
質の勝負に限界はありません。


3つ目はアルバイト経験からありきたりな体験談を述べる。

アルバイトを通して、
「人と協調して取り組む大切さを知りました」
「人間関係の難しさを知りました」
「働くことの大切さ、大変さを知りました」
などなど、このような当たり前の感想で終わってしまってはいけません。

では、アルバイトの経験から何を話せば一番、効果的なアピールになるか?

それは、そのアルバイトのコツを話すことです。
そのアルバイトを体験した人でしかわからない、あなたなりのコツを話すのです。

なぜコツが大切なのか?
あなたが会社に入ってから、仕事をスムーズにこなす上で、
創意工夫できる人かどうかが、それでわかるからです。

どんな仕事にも、その仕事に携わっている人しか知らない、
コツというものが仕事にはあります。

それをどれだけ発見できるか、実際に行動できるかで、
その人の仕事の質が決まると言ってもいいでしょう。
何も考えずに、ただ言われたことを言われた通りにしか仕事をしない人と、
自分なりにいろいろと試してみて、少しでも仕事の質やスピードをあげる努力をできる人。
どちらが、将来のびるかは明らかですよね。

アルバイトでそれができる人は、会社に入ってからも創意工夫をしてくれると、
簡単に想像できます。