あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 就活全般コラム(10) > 志望業界以外にも受験する

就活全般コラム(10)

志望業界以外にも受験する



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

このサイトを見てくれているあなたは、旅行業界に興味のある方の1人でしょう。
多くの人が旅行業界を第一志望として考えているんだと思います。

一般的に旅行業界は採用スケジュールが遅いです。
金融機関は特に早く、その差は1ヶ月以上ある会社もあります。

ここでまずあなたにオススメしたいのは、
「ぜひ他業界も受けて下さい」ということです。

その理由は、大きく4つあります。

1.他業界を受けることで、改めて第1志望の業界と比較ができる。

業界によって働いている人の雰囲気は大きく違います。
私は初め生命保険業界を受験していたのですが、
受験している学生たちの雰囲気も旅行業界とは違っていました。

特に内定者懇談会なんかに参加すると、あまりに雰囲気や会話が違うのに驚きました。
生保はどちらかというと殺伐とした感じがしました。
一方、旅行業界はやはりサービス業をしようというタイプの人間が多いので、
人あたりも柔らかい人が多かったです。

最初に生命保険業界の雰囲気に疲れ果てていた私には、
改めて旅行業界が自分には心地良い場所であると確信できました。


2.面接の場数を踏める。

これは、言うまでもないですね。面接はやはり”慣れる”こともとっても大事です。


3.他社で選考が進んでいたり、内定をもらっていると、落ち着く。

面接は精神状態に大きく影響します。
あなたが暗く沈んでいると必ず面接官にその雰囲気は伝わります。

そして、それが第1印象となり、取り返しのつかないビハインドになってしまいます。
就職活動は誰でも精神的に揺れている期間です。
自分は本当に内定をもらえるのか、、、、。不安ですよね。
それはみんな同じです。どんな人でも初めての経験ですから。

そんな時に一番心を落ち着かせてくれるのは、
どんな企業でもいいから、選考が進んでいたり、内定をもらっていることです。


4.動く中でたくさんの気づきを得られる。自己分析が深まる。

「私はすでに自己分析は完璧!」なんて言う人はいないと思います。
自己分析は会社に入ってからも、生きている限り続くことです。

そういう意味では、就職活動がようやくスタートラインに立ったということです。
自己分析は1人でウンウンと考える時間もありますが、
外部からの刺激を受けることによって、それがきっかけで、ひらめくことが良くあります。

それにはとにかく動いてみるというのが一番効果的です。

特に、採用の現場はあなたと同じように悩んでいる人達がたくさんいるわけです。
面接中の隣の学生が言っていた”何気ない一言”が、あなたの人生を変える
”きっかけ”になるなんてことは良くある話です。

企業が「さあ、どうぞ。見ていって下さい!」
なんて言ってくれる時期は、新卒採用の時期しかありません。
少しでも興味がある分野は是非のぞいて見てください。

セールスしていると 「誰、あなた?忙しいから帰って下さい。」
という感じが多いので、それだけでも羨ましいことです。