あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 就活全般コラム(10) > 考える力

就活全般コラム(10)

考える力



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

新入社員として働きだした頃、学生と社会人との間に、
大きなギャップを感じたことがありました。

それは、「考える」という事です。   

いろいろ勉強してきたけど、本当のところは「何も考えずに生きてきたな〜」と、
社会人になって痛感しました。   

「考える」というのは決してテストの回答を考えるという意味ではありません。  
それは、あくまで与えられた問題に対して、答えているだけです。   

学校での歴史の勉強も年号や出来事だけを暗記して覚えたとしても、  
あまり意味がないでしょう。その歴史が起こった背景を考えて、  
自分の人生に活かすように考えて初めて意味がでてくる。   

新聞やセミナーなどから「こうすればいいですよ」という知識や情報だけを得ても、
それはただ「知っている」というレベル。   
それでは現実は何も変わりません。知らないのと同じです。   

そこから何かを考えて、行動する。  
それによって、初めて現実が変わる。   

営業をしていると、「この商品を売りなさい」と会社から言われます。   
このやり方に答えはありません。   

「テレアポセールス、飛び込みセールス、ダイレクトメール、インターネット販売・・・」  
方法は無数にあります。 そして何が上手くいくかなんて答えはありません。   

学校のテストのように最終的には正解を先生が知っている。  
という問題とは根本的に違います。   

その時に大切になるのが、「あらゆる方法を考えられる力」です。   
最終的な答えは誰もわかりません。やってみるしかありません。   

たしかに就職活動にはある程度の型はあります。  
説明会に出席して、エントリーをして、面接を受ける。   

ただ、ここでも少し”考えて動く”ことを意識してみてください。   
そうすれば、あなたをアピールできる方法がたくさん浮かぶはずです。   

「面接のたびに人事部宛に”是非入りたい”という手紙を書く」   
「セミナー会場に誰よりも早く行き、最前列に座り、人事部に覚えてもらう」   
「選考に落ちてからも、内定辞退者が出るタイミングを計って、人事部に電話する」   

これらは、実際に私の友人がしていた行動です。  
そして、本当にこれらの行動が決定打で内定をもらっていました。   

でもこれって、少し考えれば誰でも考えつく方法です。  
決して誰もが考えられないような奇抜なアイデアではありません。   

「10分間、真剣に考える」   
ぜひやってみてください。