あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 面接後の礼状

面接後の礼状



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

面接後の礼状

就職活動において礼状を出すタイミングは面接の後になります。 
「お時間を割いて頂いて、有難うございます」というお礼の意味で出す手紙です。  

その思いはもちろん一番大切ですし、そのような心意気を大切にする人は、
社会に出ても必ず良い人に恵まれるでしょう。

と、まずそのような前提を踏まえた上で、、、、
選考というシビアな状況の中にいる受験生達には、もう1つの大きなメリットが
面接後の礼状にはあります。  

そうです!アピールになる可能性、プラスに評価される可能性が出てくる。 
と言うことです。あくまで可能性ですよ。  

会社によって、人事担当者によって、この面接後の礼状をどのように感じるかは
違います。もちろんその礼状の内容によっても感じ方が違うでしょうし。  

しかし総じて、プラスに取られる可能性はあっても、マイナスになる事はないでしょう。  
私の友人は某酒造メーカーに入社しましたが、面接が終わるたびに、この礼状を
人事部宛に出していました。そして、本当にその面接後の礼状が要因で内定をもらえた
ようです。 それは、入社してから人事部の方が彼に直接打ち明けたそうです。  

まあ、その彼は人生のピンチが訪れると、いつも手紙をしたためる癖があったので、
その時も「有利か、不利か」というよりも体が勝手に礼状を出していた。 
と言った方が正しいかもしれませんが。(笑)  

人はプラスアルファの出来事は鮮明に覚えます。  
これは実際の仕事でも同じです。  

優秀な社員は「言われた事を言われたとおり」にやる人ではなく、 
「言われた事を言われたとおり+アルファ」できる人なのです。そしてその
ほんの少しの努力、プラスアルファが、「おっ!こいつできるな」となるのです。

全ての面接後とはいかなくても、あなたが「ここは!」と思う会社には是非、
礼状を出してみて下さい。  

それでは、礼状を書くときの4つのポイントをご紹介。  

面接礼状の書き方ポイント 礼状を出すタイミングは速攻! 

面接後の礼状はとにかく早く出しましょう。いや、早くださないと全く意味がなくなります。 
なぜなら、面接後の合否はすぐに判断されます。その判断材料に間に合わなければ
いけません。タイミングとしては、面接後その日に書きます。そして翌日にはポストに
投函しましょう。長々と丁寧な文を書くより、短文でも早い方が良いです。  


面接礼状の書き方ポイント◆А屬時間を頂いて有難うございます」という気持ちで書く  

手紙はやはり書くときの気持ちが大切です。  
冒頭にも書きましたが、面接後の礼状の意味は、面接時間を割いて頂いた
ことに対するお礼です。これは、文中にも必ずお礼の文言を入れておきましょう。  


面接礼状の書き方ポイント:さりげなく自己PRする! 

面接で伝え切れなかった事があれば、2行ぐらいの短い文でさりげなく
自己PRしてもOKです。ただ、あまり長くなるとマイナスになる可能性が
あるので、さわやかに、短くを守ります。  


面接礼状の書き方ポイントぁЭ佑麓舛茲衫未鉾娠する!

1次面接から最終まで出してもOK。第一志望の会社に礼状を出すときは、
1次面接から最終面接まで、面接があるたびに礼状を出してもOKです。  
(但し、そのどれもが気持ちのこもった文章であることは鉄則です)  

礼状は、メールではなくハガキか封書で書きます。 
個人的にはメールの方が受け取った方も読みやすくていい感じがしますが、
やはり丁寧なイメージを受けない面接官もいますので。

礼状の例文をご紹介します。 
・・・・・からは、あなたの思いと熱意を文章にしてください。 
そこは、例文を見ないほうが良いと思います。  
例文を見るとどうしても同じような文章になります。 

しかし、それではせっかくの礼状も死んでしまいます。 
それでは面接官も軽く目を通すだけで終わってしまいますよ。  

礼状にももちろん、「あなたらしさ」を大切にしてください。 
あなたの礼状を見た時に、採用業務で忙しくて疲れている
面接官の心が「ホッ。。」と和むような、「フフッ。。」と笑い元気がでるような、
そんな気持ちのこもった礼状を書いてみましょう。         


                      【礼状の例文 サンプル】                           

                                             平成○○年○月○日 
株式会社○○○○○○  
人事部○○○○様                        
                                          〒○○○-○○○○                        
                                          大阪府大阪市○○区○○○                        
                                          鈴木 一郎
                           お礼状  

拝啓   

  貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 
この度はご多忙のところ、面接の機会を賜り、誠に有難うございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                               
                                                      敬具