あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 志望動機添削例文(9) > 志望動機例文集・添削12

志望動機添削例文(9)

志望動機例文集・添削12



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

日本旅行のエントリーシート
【設問2】学生時代に熱中したこと(全角400文字以内)


■未知への挑戦■

特にアジア圏への旅行に熱中しました。モンゴルからカンボジアまで、
人が行ったことがないような国を選びました。
人とは違う旅の経験がしたかったからです。

好奇心旺盛な私にとって、人が知らないことを自分自身で経験し習得していくことほど、
ドキドキワクワクするものはありませんでした。
旅先で毎回必ず訪れたのが、現地の市場です。
アジアの熱気を感じられることはもちろん、
店の人との値段交渉もゲームのようで楽しいからです。

初めて行ったモンゴルの市場では足早に通りすぎることしかできませんでしたが、
中国留学中に行った市場でとことん鍛えられました。
騙されないように一般的な値段を把握し、現地の人々の交渉術を研究しました。
その結果友人に驚かれるほど上達し、今では自信を持って交渉できます。
御社でも、新しい旅行ビジネスに挑戦していくことを恐れず、向上心を持って働きます。


【本田のメール添削返信内容】

旅行会社に入社希望する人は、海外旅行が好きな人が圧倒的に多いです。
そう考えると、この問いに「旅行」と答える人がたくさんいるということです。

たくさんの人から同じような旅行のエピソードを聞かされると、
面接官もだんだん飽きてきます。
どうしてもこのエピソードを書きたい。というならばOKですが、
他にも候補があるのなら、「旅行」以外を選択することをオススメします。

ここは自己PRの設問ですから、できるだけご自身の長所をアピールできる
エピソードを扱う方がプラスです。
単純に海外旅行に行ったというエピソードは、よほど上手く書かないと、
どうしても思い出話になってしまいます。