あなたの旅行会社への就職活動を応援します!求人採用情報。

旅行業界・旅行会社の就職求人採用【内定の法則】 > 添え状の書き方

添え状の書き方



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  [AidemSmartAgent]転職
(オススメ度 ★★★)

添え状の書き方

添え状は、書類を送るときのカバーレターです。 
FAXなどでもそうですが、最初のトップページは必ずカバーレターを含めて送りますよね。
いきなり書類を送るのは失礼ですね。

履歴書やエントリーシートなら名前が書いてあるからいいんじゃない?とはいきません。  
添え状の書き方としては、下記に細かいポイントをあげますが、就職活動において
添え状を考えた場合、通常の添え状内容と少し変える必要があります。

それは、文末に自己PRをさりげなく入れておくことです。 
もちろん履歴書やエントリーシートにさんざんあなたの自己PRを書いていますので、
同じような内容をくどくどと書く必要はありません。

ここは、その企業に入りたい熱意を爽やかに3行ぐらいで書きましょう。 
あんまり長く、添え状全体が文字で真っ黒だと読む気がなくなります。  

では、添え状の書き方の基本項目を8ついきましょう。  

添え状の書き方1:手書き、パソコンどちらでもよい。  
履歴書やエントリーシートは手書きですね。
でも、添え状は1つの形式的なビジネス文書ですので、パソコンでもかまいません。  

添え状の書き方2:ビジネス文書なので「拝啓」で始まり、「敬具」でとめる。  

添え状の書き方3:日付、住所、名前は必ず入れる。  

添え状の書き方4:余白をある程度残す。  

添え状の書き方5:連絡方法の希望がある場合は、一言添える。  

添え状の書き方6:控えのコピーを取って置く。  

添え状の書き方7:修正液、訂正は不可。  

添え状の書き方8:株式会社などを(株)と略さない。  
 


では、基本的な添え状のサンプルをご紹介しときます。                                   
                   
                                              平成○○年○月○日 
○○○株式会社 
人事部人事課 ○○様                      
                                         〒○○○-○○○○                       
                                         大阪府大阪市○○区○○                       
                                         鈴木 一郎  

拝啓 新涼の候 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。  
さて、○○より貴社の求人広告を拝見いたしました。 
ぜひ、貴社の営業職として選考していただきたく、さっそく応募書類を郵送申し上げます。 
履歴書と職務経歴書を同封いたしますので、よろしくご査収ください。   

私は・・・・・・・・・・・(ここからは2・3行、あなたの自己PRを) 
なにとぞよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。                                            
                                                      敬具